日本の英語教育の問題点

日本の英語教育の問題点は、知識詰め込み型で実用的ではない点です。
英語は歴史とは違って、暗記すればいいものではありません。
英語は言語ですから、日本語と同じように、単語やフレーズをいくら覚えようと会話で使えなければ意味がないのです。
もちろん英語の長文を読んだり単語の意味がわかったりすれば生活するうえで役立つことに間違いはありませんが、いざ外国人とコミュニケーションを図る機会がきたときにリスニング・スピーキングができなければ話になりません。
世界でも優秀な民族と言われながら世界を相手にできないというのは周りから見れば笑いものでしかありません。
日本に住んでいる以上英語を使うことが少ないのも一つの原因ですが、まずは詰め込み型の英語教育を改め、もっと実用的な教育プログラムを立てる必要があります。
国際化が進む今日ではもはや国内で知識だけを詰めていては時代遅れになってしまいます。
極端に英会話に力を入れて文法がおざなりになってしまうのも困りますが、少なくとも簡単な挨拶は身につけて世界を前に怖じ気付かない人材を育てていくことが最優先です。
こういった話になると、英語を始める時期はいつがいいのかと悩む人がいますが、大切なの時期よりも中身です。
いくら早く始めても一時的なお遊び感覚では意味がありませんし、逆に遅く始めてもやる気があればぐんぐん力がつきます。
教育機関による英語教育が効果を出すかは、内容にかかっているのです。

Comments are closed.

  • MENU